• 03-3395-5550
  • アクセス

つぶやき

新型コロナウイルス感染症に関して

日本国内においても感染例が増加しております。現時点で有効な抗ウイルス薬はないため、対症療法となります。例えば、咳嗽、鼻汁の症状があれば風邪薬、熱があれば冷やしたり、場合によっては解熱剤等を使います。患者の多くは感冒症状がメインとなりますのでは自宅療養が治療の主体となります。

ウイルス感染に伴う肺炎は、細菌性の肺炎と違い抗生物質が効かないため、治療が困難になることが多く、呼吸器症状が強ければ、入院加療が必要になってきます。その反面、軽症例の場合は、不要な外出によって、自ら感染源になってしまう恐れがあるため、感染拡大を予防することが重要になってきます。

コロナウイルスの感染が疑われた場合には、まず適切に対応することが必要になってきます。
疑い例とは
①37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状がある
②発症から2週間以内に、以下の(ア)、(イ)の暴露歴のいずれかをみたす。
 (ア)発熱または呼吸器症状(軽症の場合も含む。)を呈するものであって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴があるもの。

 (イ)37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内にWHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域(新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域は湖北省をいう)に渡航又は居住していたもの

 (ウ)37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内にWHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域(新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域は湖北省をいう)に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴があるもの

(エ)発熱、呼吸器症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が一般に認められている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに特定の感染症と診断することができないと判断し(法第14条第1項に規定する厚生労働省令で定める疑似症に相当)、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの

※濃厚接触とは

・新型コロナウイルス感染症が疑われるものと同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があったもの

・適切な感染防護なしに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していたもの

・新型コロナウイルス感染症が疑われるものの気道分泌物もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高いもの

となります。

以上を満たした場合には、まずは相談窓口に連絡してみてください。

 

東京都の電話相談窓口
電話番号:03-5320-4509
受付時間:午前9時から午後9時まで(土曜、日曜、休日を含む)

 

厚生労働省の電話相談窓口
電話番号:03-3595-2285
受付時間:午前9時から午後9時まで(土曜・日曜・祝日も実施)

 

練馬区の電話相談窓口
電話番号:03-5984-4761
受付時間:平日午前9時から午後5時まで

 

杉並区の電話相談窓口
電話番号:03-3391-1299
受付時間:平日午前9時から午後5時まで

 

都区合同「帰国者・接触者電話相談センター」

電話番号:03-5320-4592

受付時間:平日の17時から翌9時まで 及び 土日祝日の終日

 

万が一クリニックに直接来てしまった場合には、スーパースプレッダーという厄介な問題もあることから、院内に一歩入ることで接触者を大量に増やす可能性もあります。そのため院内に入る前には必ず電話連絡をお願いいたします。

ブログカテゴリ
予約外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • アレルギー外来

診療受付サービス

  • インフルエンザ
  • クリニックブログ
  • 視力スクリーニング検査
  • スタッフ募集
つばきこどもクリニック

小児科・アレルギー科

〒167-0021

東京都杉並区井草4-5-2

TEL 03-3395-5550

FAX 03-3395-5505

地図
西武新宿線「井荻駅」徒歩2分

アクセス詳細はこちら

トップに戻る

インフルエンザ予防接種

クリニックブログ

視力スクリーニング検査

インフルエンザ予防接種

つばきこどもクリニック
つばきこどもクリニック

つばきこどもクリニック

〒167-0021 東京都杉並区井草4-5-2
TEL 03-3395-5550
FAX 03-3395-5505