• 03-3395-5550
  • アクセス

つぶやき

麻疹の流行が見られています。

沖縄県の方で麻疹が流行しているようですね。今週に入り名古屋にも飛び火したようです。

麻疹は接触してから10日くらいの潜伏期間後に発症します。

交通手段の多様化から容易に感染は拡大します。例えば飛行機によって全然違った地域で発症することも珍しくないです。

麻疹の診断は難しく、インフルエンザや溶連菌のような検査キッドはありません。症状は発熱とともに咳、鼻水などの上気道症状と目脂(めやに)”、充血などの結膜炎症状が見られます。この症状は他のウイルス感染症(咽頭結膜熱(プール熱)、インフルエンザ感染症など)や川崎病などでもよく見られるため、この時点で診断することはまずできないでしょう。発熱は3,4日で一度熱が下がりますが、1日もたたないうちに再発熱し、それとともに顔面から体幹四肢に発疹が広がっていきます。そうなって初めて臨床的に麻疹が診断できるようになります。

麻疹はウイルス感染症のため治療薬がありません。治療はその他のウイルス感染(風邪)と同じように安静、水分摂取、対症療法になります。ただ一時的ですが免疫力を下げてしまうため肺炎や中耳炎などの合併症が多く二次感染対策も必要です。

感染経路は空気感染(飛沫核感染)のため感染しやすく感染拡大を防ぐことも大切です。

ブログカテゴリ
予約外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • アレルギー外来

診療受付サービス

  • インフルエンザ
  • クリニックブログ
  • 視力スクリーニング検査
  • スタッフ募集
つばきこどもクリニック

小児科・アレルギー科

〒167-0021

東京都杉並区井草4-5-2

TEL 03-3395-5550

FAX 03-3395-5505

地図
西武新宿線「井荻駅」徒歩2分

アクセス詳細はこちら

トップに戻る

インフルエンザ予防接種

クリニックブログ

視力スクリーニング検査

インフルエンザ予防接種

つばきこどもクリニック
つばきこどもクリニック

つばきこどもクリニック

〒167-0021 東京都杉並区井草4-5-2
TEL 03-3395-5550
FAX 03-3395-5505