• 03-3395-5550
  • アクセス

WEB予約

お知らせ

新しいワクチンについて

令和6年4月1日から新しいワクチンが定期予防接種に加わる予定です。
(※まだ確定ではないようですが、よほどのことがない限り定期化されると思います。)

15価小児肺炎球菌ワクチン:バクニュバンス
5種混合(4種混合ワクチン+Hib):ゴービック、クイントバック
です。全く新しいワクチンが加わるのではなく、既存のワクチンがバージョンアップして切り替わる感じです。

<15価小児肺炎球菌ワクチン>
13種類の血清型(1、3、4、5、6A、6B、7F、9V、14、18C、19A、19F、23F)のワクチン「プレベナー13」に22F、33Fの血清型が加わった15価のワクチンとなります。

肺炎球菌といっても、抗原性の違いによってさまざまな種類があり、その各々に対し抵抗力を持つことで感染したときの重症化(侵襲性肺炎球菌感染症)を予防することが可能になります。予防できる種類が増えれば、それだけ予防効果が高くなるということです。

プレベナー13(13価)とバクニュバンス(15価)による免疫原性を比較した試験では、既存の13種類の血清型については13価のワクチンと同等の効果があり、新しく加わった血清型(22F、33F)については優位性が示されています。安全性についてはほぼ同等であるといわれているため、非常にメリットの高いワクチンといえます。

 <5種混合ワクチン>
4種混合ワクチンにヒブワクチンが加わった5種混合のワクチンです。「ゴービック」、「クイントバック」という2種類があります。こちらは既存の4種混合ワクチン(テトラビック、クアトロバック)にHibワクチンを加えた五種混合ワクチンとなります。今まで4種混合とHibワクチンで2本注射していたところ、1本で済ませることができ、効果が変わらず、お子様の痛みを軽減することができるということです。

対象者については、詳細についてはこれから発表があると思いますが、令和6年2月7日時点でわかっている情報としては、

・令和6年4月以降の接種対象者に予診票を交付

・4種混合及びHibと交互接種することは原則できない 

・13 価肺炎球菌ワクチンで接種開始した場合、15 価肺炎球菌ワクチンに切替は可能

です。詳細については続報があるはずなので、また、新しい情報が入り次第更新していきます。

 

なお、予防の観点から免疫を早く獲得することも大事ですので、ワクチン接種を遅らせることはおすすめしません。できるだけ待たずに接種しましょうね。

ブログカテゴリ
予約外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • アレルギー外来

診療受付サービス

  • オンライン診療
  • インフルエンザ
  • クリニックブログ
  • 視力スクリーニング検査
  • スタッフ募集
つばきこどもクリニック

小児科・アレルギー科

〒167-0021

東京都杉並区井草4-5-2

TEL 03-3395-5550

FAX 03-3395-5505

地図
西武新宿線「井荻駅」徒歩2分

アクセス詳細はこちら

トップに戻る

オンライン診療

インフルエンザ予防接種

クリニックブログ

視力スクリーニング検査

インフルエンザ予防接種

つばきこどもクリニック
つばきこどもクリニック

医療法人社団 英康会
つばきこどもクリニック

〒167-0021 東京都杉並区井草4-5-2
TEL 03-3395-5550
FAX 03-3395-5505