• 03-3395-5550
  • アクセス

Q & A

BCGワクチンについて

BCG

 

結核に対するワクチンです。

乳幼児は結核に対する抵抗力が弱く、母親からもらうことができないため接種が必要と考えます。BCG接種を受けることにより髄膜炎や粟粒結核など乳幼児の結核の重症化も予防できます。

 

接種時期:

生後1歳に達するまでです。

標準的な接種期間は生後5ヶ月から8ヶ月に達するまでの間です。

 

他の予防接種との間隔:

 生ワクチンのため27日以上あけてください。

 

副反応

リンパ節腫大:

腋窩リンパ節が腫大する場合があります(0.7%程度)。多くは放置しても6ヶ月後までに自然消退します。まれに排膿する場合があります。

コッホ現象:

 接種部位が10日以内に赤く腫れたり、膿を伴う変化がみられる場合があります。その場合、お子様が知らないうちに結核に感染していた可能性があるためご相談ください。1ヶ月くらいたってから赤く腫れる場合は通常の反応です。

 

接種後

 普段通りの生活で問題ありません。

 接種を受けた日でも入浴は可能ですが、こすったり、もんだりしないでください。

ブログカテゴリ
予約外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • アレルギー外来

診療受付サービス

  • インフルエンザ
  • クリニックブログ
  • 視力スクリーニング検査
  • スタッフ募集
つばきこどもクリニック

小児科・アレルギー科

〒167-0021

東京都杉並区井草4-5-2

TEL 03-3395-5550

FAX 03-3395-5505

地図
西武新宿線「井荻駅」徒歩2分

アクセス詳細はこちら

トップに戻る

インフルエンザ予防接種

クリニックブログ

視力スクリーニング検査

インフルエンザ予防接種

つばきこどもクリニック
つばきこどもクリニック

つばきこどもクリニック

〒167-0021 東京都杉並区井草4-5-2
TEL 03-3395-5550
FAX 03-3395-5505