• 03-3395-5550
  • アクセス

Q & A

Hibワクチンについて

Hib(インフルエンザ菌B型)

 

乳幼児の細菌性髄膜炎の原因の半分以上がこの菌です。Hibによる髄膜炎は25%に後遺症を残し、約5%が死亡すると考えられています。冬に流行するインフルエンザウイルスとは全くの別物です。細菌性髄膜炎以外にも敗血症、肺炎等の原因にもなります。

 

接種時期:

 接種回数は開始する月齢によって異なります。

 1歳未満がかかりやすいので、月齢の低いうちに接種することが効果的です。

 初回接種が

①生後2ヶ月~7ヶ月未満:27-56日間隔で3回接種し、3回接種終了後7-13ヶ月後に1回追加接種

②生後7ヶ月~12ヶ月未満:27-56日間隔で2回接種し、2回接種終了後7-13ヶ月後に1回追加接種

 ③1歳~5歳未満:1回接種のみ

 

他の予防接種との間隔:

不活化ワクチンのため6日以上あけてください。

 

副反応:

注射部位が腫れたりすることがありますが、一時的で数日で消失します。

発熱は数%です。

 

接種後:

 普段通りの生活で問題ありません。

 接種を受けた日でも入浴は可能ですが、こすったり、もんだりしないでください。

ブログカテゴリ
予約外来
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • アレルギー外来

診療受付サービス

  • インフルエンザ
  • クリニックブログ
  • 視力スクリーニング検査
  • スタッフ募集
つばきこどもクリニック

小児科・アレルギー科

〒167-0021

東京都杉並区井草4-5-2

TEL 03-3395-5550

FAX 03-3395-5505

地図
西武新宿線「井荻駅」徒歩2分

アクセス詳細はこちら

トップに戻る

インフルエンザ予防接種

クリニックブログ

視力スクリーニング検査

インフルエンザ予防接種

つばきこどもクリニック
つばきこどもクリニック

つばきこどもクリニック

〒167-0021 東京都杉並区井草4-5-2
TEL 03-3395-5550
FAX 03-3395-5505